太陽光発電システム

ソーラーフロンティアの特徴 CIS太陽電池

「実発電量」が高いCIS太陽電池

高温・影に強いCIS太陽電池。より多くの「実発電量」が期待できます。様々な気象条件下で安定した発電性能を発揮する「CIS太陽電池」は、全国各地で標準発電量を上回る実績を残しています。

実際に、太陽光発電システムを屋根に設置した状態での発電量が「実発電量」。よく耳にする「変換効率」は、モジュール温度が25℃・放射照度が1m2あたり1,000W等、一定条件下での測定値をさしています。日本で、この条件と同じ状態になるのは1年間に2~3時間程度。通常の晴天時でも太陽から届くエネルギーの量は、600~800W/m2程度です。

また、モジュールは直射日光を浴びると温度が上昇し、晴天時には25℃を上回ることがしばしば。だから、ソーラーフロンティアは、理論上の数値よりも、「実発電量」の多さを追求しています。

※実発電量は、お客様の設置環境によって異なります。

銅+インジウム+セレン

CIS太陽電池

CIS太陽電池は、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用。3つの頭文字をとりCISと呼ばれています。

太陽電池の「実発電量」が多い、3つの理由

1.高温時の出力ロスが少ない

CIS太陽電池の温度特性

真夏の晴天時、屋根上のモジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生。CIS太陽電池は、結晶シリコン系に比べて温度係数が小さいため、高温時の出力ロスを小さく抑えられます。

※2 1000W/m2照射時、最大出力温度係数 CIS(SF170-S):-0.31%/℃ 結晶系:-0.41%/℃を元としたイメージ図です。

2.部分的な影の影響が少ない

モジュールの一部に影ができると、結晶シリコン系の場合、モジュール全体の発電能力が大きく低下。
しかし、CIS太陽電池なら安定した発電能力を発揮できます。

結晶シリコン系太陽電池モジュール

モジュールの中に発電しないセルがあると
モジュール全体の出力が大きく低下。

CIS太陽電池モジュール

影による出力は一時低下するが、全体への影響は少ない。

3.太陽光に当てると、実際の出力がアップ

CIS太陽電池特有の光照射効果

CIS太陽電池は、太陽光に当たると初期値に対して出力が上がるという性質が暴露試験の結果で得られています。

※3 2014年 当社調べ。 当社国富工場における実験結果に基づきます。

20年保障を標準装備

充実の保証期間で、安心をより長く

ソーラーフロンティアは、太陽電池モジュールの出力を保証開始日から20年間標準保証。
さらにセット購入で周辺機器も10年間、標準で保証。

国内大手メーカー最長クラス 出力20年保証

太陽電池モジュール

モジュール出力保証と周辺機器保証。
充実の保障内容で、安心が続きます。

太陽光発電は、長い期間、安定して働き続けてくれることが重要です。
ソーラーフロンティアは、太陽電池モジュールの出力を保証開始期間日から20年間標準保証。

太陽電池モジュールの出力が、公称最大出力の交差範囲内の最小許容値(公称最大出力の95%)に対して10年で10%以上低下した場合、または、20年で20%以上低下した場合、太陽電池モジュールの追加、修理または交換を行います。

10年 10%以上低下した場合、追加、修理または交換。
20年 20%以上低下した場合、追加、修理または交換。

安心の施工品質

高い施工品質をめざして

高い施工品質をめざして

ソーラーフロンティアは独自の認定資格制度を実施。
当社指定の資格者が、屋根の形状や屋根材に適した工法で設置工事を行います。

屋根への負担が少なく安全な「クロスワン工法」を採用

屋根への負担が少なく安全な「クロスワン工法」を採用

様々な環境下で、長期間にわたって活躍する太陽光発電システム。
ソーラーフロンティアの「クロスワン工法」では、安心して設置してもらえるよう、高品質の施工を提供しています。

屋根の垂木にしっかり固定

屋根の垂木にしっかり固定

モジュールを屋根にしっかり固定するポイントは、金具と屋根の接合部分。
クロスワン工法は、建物の骨組となる垂木に金具を固定するため、少ない部品でも安定感に優れています。

安心を高める、4重防水処理

安心を高める、4重防水処理

固定金具の防水処理は、ねじ穴シーリング、金具防水シート、防水ねじワッシャー、外部シーリング処理の4重防水を採用し、信頼性をアップ。また、固定金具の周りには、耐候性・耐熱性に優れたシリコン系シーリング材を使用しているため様々な環境に対応でき、安心です

国内一貫生産による高い技術と品質

「Made in Japan」の安心品質

ソーラーフロンティアのモジュールは全て宮崎県の工場で一貫生産。
その、品質と耐久性は海外でも高い評価を受けています。

ソーラーフロンティアは、信頼性保証体制認証(JIS Q 8901)の第1号。

上のマークは、JETによる性能及び安全性試験規格への適合性についての認証(モジュール認証)をされた製品に付すことができるマークです。信頼性保証体制認証は、モジュールの性能を企業が製品に対する信頼性を保証する際に、製品そのものの保証だけでなくサービス体制をもって保証を提供していることを認証するものであり、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池の性能と出力20年保証制度、アフターサービスの質が評価された結果であるといえます。

使い切れなかった電気は、電力会社が買ってくれるからおトク。

つくった電気は、一定期間、固定価格で買い取ってもらえます。

発電できない夜間や、雨・曇りなどで発電量が少ない時は、従来通り電力会社から電気を「買う」のですが、日中は発電した電気を使用し、余った電気は電力会社に「売る」ことができます。

つくった電気は、一定期間、固定価格で買い取ってもらえます。
太陽光発電などの自然エネルギーからつくった電力を一定期間、国が定める価格で電気事業者が買い取る仕組みです。電気事業者が買い取りに要した原資は、家庭や企業などの電気利用者が電気料金の一部として負担することになっています。

安心の施工品質

太陽光発電とは?

太陽光発電とは?

太陽光発電は、自宅の屋根などに設置した太陽電池で電気を生み出すシステムです。太陽光発電で生み出した電気は、そのまま自宅で利用できます。発電した電気が自宅で使う電気より多い場合は、電力会社に売る(売電)ことができます。生み出した電気よりも自宅で使う電気の方が多い場合は、従来どおり電力会社より供給(買電)できます。

電気代を大幅に削減できる上、うまく発電できれば売電により電気代がプラスになる可能性もあります。また、万が一災害で停電になった時でも、太陽が照っていれば電気を使用することができます。

太陽光発電は簡単!

太陽光発電は簡単!

太陽光発電システムの場合、基本的に一度設置すれば、数年おきの点検をする以外、あとは自動運転だから日常操作は不要です。太陽が昇ると自動的に発電を始め、お昼前後に発電のピークを迎え、太陽が沈むと自動的に発電が止まります。

毎日これの繰り返しです。全自動運転なので、留守中でも発電しています。
長期間で見たときに、とても簡単に生活に取り入れられるシステムになります。

太陽光発電のメリット

  • 太陽光発電を設置すると、昼間発電した電気を使えて、余った電力は売電ができます。
  • 地球温暖化の一因といわれている二酸化炭素の排出量が減らせます。
  • オール電化と組み合わせると、発電した電気をさらに有効に使え、光熱費が大幅に節約できます。

お問い合わせはこちらから

お見積り無料。お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社 窪弘商店 TEL:099-243-4766
診断・お見積りお問い合わせはお気軽に! 受付|8時~17時 定休日|日・祝 電話番号:099-243-4766
  • 屋根診断はこちら
  • お見積りはこちら