コンテンツ

災害で起きる屋根のトラブル

地震での屋根のトラブル

地震での屋根のトラブル

ここ最近日本各地で大きな地震が発生しています。お客様の屋根の為にも、事前に地震対策をとっておくことが重要です。

建物(住宅)で地震による被害に遭う場所の多くは棟部分です。一番高く不安定な場所にあるため棟が崩壊している事例が多いようです。また、外観上棟が崩れていないのに雨が降ったら雨漏りがしたというようなこともあります。

台風での屋根のトラブル

台風での屋根のトラブル

台風はやっかいな事に、広範囲にかつ大きな被害をもたらす災害の代表格です。屋根は強い風に煽られ飛散したり、風と一緒に吹き込んだ雨が屋根の中まで入り雨漏りをしたという事例が多く報告されています。

このような台風の災害から住宅を守るために、瓦が飛散しないような事前の対策が重要になります。まず瓦選びでは、強い風に対して瓦がどのような工夫がされているかがポイントになってきます。

次に、施工(葺き方)ですが、各地域の気候風土に合った工法というものがありますので鹿児島で台風対策ならお気軽に当社へご相談下さい。

塩害での屋根のトラブル

塩害での屋根のトラブル

日本は海に囲まれた島国であり、その環境下特有の災害被害が屋根トラブルの中では目立ちます。海の水によって屋根や瓦に大きな影響が出ることは知られていますが、海水の中に含まれる塩分等によって、瓦素地の中にある鉄分が錆びることで、瓦の形が崩れていくこと等の被害は甚大です。

台風や強い風によって海水が運ばれ屋根や瓦に降り注がれ、塩水が付着し、それが繰り返されて、瓦の中に染み込んでいった海水と瓦の成分が反応して分解されます。元々四角い形をしていた瓦が少しずつ形をなくしていき、雨が降ったときに雨漏りがして気づいたという事例もあるようです。

瓦選びのポイントとして、瓦の原料の粘土に鉄分等が多く含まれているかどうかが重要です。

診断・お見積りお問い合わせはお気軽に! 受付|8時~17時 定休日|日・祝 電話番号:099-243-4766
  • 屋根診断はこちら
  • お見積りはこちら