コンテンツ

雨漏修理の工程

雨漏修理の工程

屋根や外壁等の破損部分や隙間から住宅の内部に雨水が侵入する雨漏り被害は住宅に深刻な被害をもたらします。

雨漏りで雨水が内部に浸入してしまうと、住宅の天井や柱、壁の内部を汚染していき、そこからカビが発生・腐食し、補修するための修理には大きな費用がかかります。

雨漏りは、家の寿命そのものを縮めるだけでなく、お客様の健康にも害を及ぼす可能性があり、とても深刻なものです。

防水工事の必要性

住宅や建築物の屋根、外壁内部に、長期的に水を浸透させない様に、防水機能を持った層を「塗る」「張る」「取り付ける」ことを、防水工事、施工といいます。

防水は住宅・建物の屋根・外壁および室内などに施され、降雨水などの浸入防止、給排水等の漏水防止を行います。
お客様の住居を雨漏りから守るためには、まず第一に、建築物の屋上や壁に防水層が必要です。防水層は、丈夫につくられた鉄筋コンクリートの建物ですら、必ず必要になります。特にコンクリートの打継ぎ部では、亀裂が発生しやすい箇所で、ここからの浸入雨水は鉄筋を腐食させ、建物の耐久性を大きく欠損させるのです。

木造住宅等では、屋根や外壁からいったん雨水が浸入してしまうと、柱や梁など軸組み自体が腐食してしまい、修復に大きな費用がかかることになるので、防水工事はとても重要な施工になります。

診断・お見積りお問い合わせはお気軽に! 受付|8時~17時 定休日|日・祝 電話番号:099-243-4766
  • 屋根診断はこちら
  • お見積りはこちら